戸建てのポイント

女性の部屋

一戸建てを建てるに当たって、建てる土地も関わってきます。道路に接した面積でも税率が変わる事があります。節税を考えうえで一戸建てを建てる事によって、金銭面でも快適に過ごすことが出来ます。

不動産の始まり

工事の鉄筋

不動産は古代からある考え方です。不動産の今後は住宅の需要も緩やかに減っていくものと思われています。そのため、新たな展望を求め、海外への不動産市場にも手を出す不動産屋も居ます。

メリットには

ソファのあるリビング

今までマイホームを購入することが憧れという印象ありましたが、現在では不動産賃貸に人気が高まっています。安価で借りれるだけでなく、防犯的にも良い物件が増えているため購入者が増えています。

お得に選ぼう

芝生と戸建の家

不動産をお得に選ぶには、仲介手数料無料の業者を探す事が第一です。現在では多くの不動産業者が競争状態となっているので、仲介手数料が無料の業者も比較的見つけやすい状態になっています。

成功の工夫

一戸建てと空と風車

不動産の投資を行なう事で安定した投資を行なうことが可能です。不動産のトレンドを把握し、今後を予想して置くことで不動産の成功を、より長期的な物にすることが出来ます。

より良い生活を

ヘルメットを持つ男性

これから住宅を購入する場合、一戸建て住宅や集合住宅で迷うことがあると思います。 そこで一戸建て住宅と集合住宅のメリットとデメリットを考えてみましょう。 まず一戸建て住宅のメリットですが、集合住宅に比べると資産価値があることです。一戸建て住宅の場合は、土地も建物と一緒に購入するため、資産価値が集合住宅よりも高いのです。ただ近年は土地の価格が下落しているためそれほど大きな差はないでしょう。 一方、集合住宅のメリットは機密性にあります。集合住宅の場合壁をはさんで隣の家なので、部屋が温まりやすいというメリットがあります。 この場合、南国は関係ありませんが、北海道や東北地方などの北のほうは機密性が優れているかどうかで、その冬の光熱費がずいぶん変わってきます。

では一戸建て住宅のデメリットについて見ていきましょう。 一戸建て住宅のデメリットは防犯性の問題です。防犯性に関してはマンションのようにセキュリティーシステムがあるわけではなく管理人が24時間管理をしていないため防犯性の前で集合住宅には劣ってしまいます。 これにより、一戸建て住宅の場合は自分たちでセキュリティーを強化するしか方法がありません。 一方集合住宅のデメリットは、物事に気を使わなければ何がいいでです。集合住宅の場合は壁1枚挟んで隣の家なので、どうしても子供の声やテレビの音量そして、床を歩くときの足音などが気になります。またトラブルの多くは物事によって起こるのです。 これに対してして一戸建て住宅には、物置の面ではそれほど気にする必要はありません。